書評

「頭のいい子にする最高の育て方」からいい子を育てる工夫を学ぶ

「頭のいい子にする最高の育て方」からいい子を育てる工夫を学ぶ

 

スヤ
スヤ

みなさんこんにちは(^^)

スヤ(@vtyljbdn)です!

 

今日の作品は 頭のいい子にする最高の育て方 はせがわわか  です!

 

この本から得られた気づきは以下のとおりでした!

【注意事項】 

本書は6歳までの子どもに対する子育ての方法をまとめています。

しかし、小学校に入った子供さんにも通ずるところはあると思います!

参考にしてくださると幸いです(^^)

 
スポンサーリンク


気づき①:ご褒美はあげたらダメ

ご褒美を子供に与えると本書では、、、、 

・発想力が止まる=成長が止まる

・ご褒美をあげるとそのことに興味を示さなくなる!

 

と記されていました。

 

何かを成し遂げた場合、ついついご褒美に何か買ってあげがちですね。

 

 

特に、ご褒美のために頑張る。

 

達成した満足感で習い事にしろ、勉強にしろ、継続して成長していく発想が止まってしまうところは新たな気づきでした

 

 

でも、親としてはご褒美をあげたいところはあるかもしれませんが、グッと我慢するのが良さそうね!

 

 

ご褒美は気持ちだけ(言葉がけ)でも十分であることが本書によって確認する事ができました。

 

※ご褒美は何も「絶対に何も与えるな」というわけではないと思います。

 

たまには、与えることの大切さもあると思います。

 

バランスを取って子供に何事も乗り越えてほしいと子を持つ親としては思いました。

 
スポンサーリンク



気づき②:父親の大事な役割

 子育てにおいて父親の役割として大事なことを以下のことを整理してまとめています。

 

これらは本書に記載がにありましたでの、現役お父さんはもちろん、将来お父さんになる方、またお母さんにも読んで知っておいていただきたいものになります。

父親の役割について

*短い時間でも子供に接する。

 

*夫婦ケンカをすると子供の頭が悪くなる

(小脳の灰白質の減少。統合失調症、自閉症、情動障害などの発症の原因になる)

 

*子供にとって

「お母さん=自分」→安心、安定の象徴

「お父さん=生まれて初めての他人」→冒険、非日常の象徴

 

*お父さんは子どもを外に(自然に)連れ出す!

 

*お父さんに褒められると子どもは積極性や責任感を強くする!

 

お父さんの役割は大きいですね!(お母さんも物凄く重要に感じますが…)

 

父親が生まれてはじめての他人とは、家族なのに子どもにとっては他人ってなんか変な感じですけど、

 

 

子ども目線はそうなのかという気持ちに気づけてよかったです。

 

 

普段の生活をしているとあまり意識しないことが普通です。

 

父親の効果を上手く使って子どもに反映できるといいと思いました!

 

 

印象的であったのは「夫婦ケンカ」は自分にとっても悪影響です。

 

また、子どもまでやはり科学的なエビデンスがでているので、気をつけます。

 

仮にケンカはしても、その日のうち収めるのが鉄則です!

 

次の日にはもとのお父さん、お母さんに戻っていることが夫婦関係においても親子関係に置いても大事なことだと気づきました。

スポンサーリンク


気づき③:知育ドリルや習い事について

 知育ドリル・習い事を子供にさせるときのポイントが本書には紹介されていました。

 

ちょっとした工夫ですが、なかなか自分で工夫することは難しいと思いました。

 

知育ドリル・習い事をさせるときのポイントをインプットしておくだけで、やらせる親の気持ちも楽になるのではないでしょうか!?

知育ドリルを集中させる方法

【知育ドリル】

*1年の年下のドリルからはじめる 

*子供のやりたい量をしないこと

*ドリルは子供に選ばせる

*どの問題から得のも子供に選ばせる

*強制させる言葉(勉強しなさい、集中しなさいなど)はNG‼️

 

【習い事】

☆「やることが大事」という経験をさせてあげる

☆何を習うかは親が決めるが、「自分で決めた」と思わせること

☆習い事は週1でOK!多くて2日!

 知育ドリルと習い事どちらにも言えることですが、「親主導」で子供にさせてあげることが共通しています。

 

ただし、「決心」させるのは子供ですね。

 

 分量も多ければ多いほど良いものではなく、少し物足りないくらいが子供にとっては良いのではないでしょうか!?

 

バランスを見ながら親がコントロールしてあげることが大切ですね。

スポンサーリンク



番外編:「読解力」について

本書には、「読解力」のことが書かれていました。

 

独り言が増えてきたら、それは思考力が増えてきた証拠です。

 

大変喜ばしいことと書かれていました。

 

最近、我が家の子どもも独り言をブツブツ言い始めている気がします!

 

それから、本の読み聞かせはよく良い(読解力を高めます)と言われます。

 

そこで、子どもが音読や黙読をするようになったら、親の役目は終わりと普通は考えると思いますよね?

 

 

しかし、これは大きな間違いです。

 

「読み聞かせ」は長い話になっても、10歳くらいまでは読み聞かせすると良いとのこと。

 

毎日は大変ですが、私も6歳と1歳10ヶ月の子供がいますので、まだまだ道半ばですが、

 

 

しばらくは読み聞かせはしばらく続けて行こうと思います‼︎

 

※親も音読のトレーニングにもなると思ってやっています。

 

かれこれ、約2年は毎日寝る前に絵本の読み聞かせをさせています。

 

 

 一緒に読み聞かせに励んで行きましょう(^^)

スポンサーリンク


著者情報

ハッピーエデュ 代表 はせがわ わか

福岡の田舎町育ち。東京都在住。

宮崎県生まれ。一児の母。京都大学大学院工学研究科修士課程修了。大手メーカーの研究員として勤務。

はじめまして。私は2001年に結婚し、2007年に長男を出産しました。出産直後から息子の知育に積極的に励みながらも、会社では国内外含め100件以上の特許を出願するなど、息子の知育と仕事の両立に多忙な日々を送っていました。

時間がない中でも、よりよい子育てをする方法を学ぶ中で、発達心理学や脳科学では常識であるにもかかわらず、これを一番必要としている親たちに知られてない事実が山ほどあることを知りました。そして、息子が就学後、エビデンスに基づいた賢い子どもの育て方を伝えるのは自分しかいないと思い、未就学児を育てるお母さんに育児のアドバイスを行うハッピーエデュを立ち上げました。この活動が口コミで人気を呼び、これまで200人以上のお母さんに幼児教育の方法を指導してきています。

皆さまの子育てがよりよいものになるように、全力でサポートさせていただきたいと思っています。ホームページにきていただき、ありがとうございました!このご縁に感謝します♪

ハッピーエデュ 代表 はせがわ わか

引用元:ハッピーエデュウェブサイト(代表者ごあいさつ)

スポンサーリンク



今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

スヤ
スヤ
以上、スヤ(@vtyljbdn)でした!

 

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク