書評

【書評】パックンの「伝え方・話し方」の教科書 世界に通じる子を育てる

【書評】パックンの「伝え方・話し方」の教科書 世界に通じる子を育てる

 

スヤ
スヤ

みなさんこんにちは(^^)

スヤ(@vtyljbdn)です!

 

今日の作品は パックンの「伝え方・話し方」の教科書 世界に通じる子を育てる/パトリック・ハーラン/大和書房をご紹介します!

 

本書から得られた気づきは以下のとおりでした。

気づき

いつからでも遅くない!でも早い方がいい。

「コミュニケーション能力」は何歳からでも向上できる!

コミュニケーションはいつでも向上できることに安心感を覚えました。

 

子供はもちろん、これからコミュニケーション能力を高めていく必要は理解できます。

 

また、もうひとつ気になった点があります。

 

それは、自分も「親」としてのコミュニケーションを子供としていくと考える。

 

そうすると、まだまだ「親」としてのコミュニケーション能力の伸びしろがある。

 

こう考えれば、人生が楽しくなってきませんか!

 

親子でもっとたくさん話す機会を設けて、一方的な会話ではなく、双方向の会話を意識したいと思います。

スポンサーリンク


気づき

「話せる子供」の親がしていること

・親が手本になる。(立ち話、親から挨拶)

・いろんな大人と触れ合う機会をつくる

 子供はやはり自分の親を見て、育っていくのだなと感じました。

 

親かつ大人である、私が見本になることも大切です

 

また、子供に自分以外の大人と触れ合う機会が子供にとって非常に話す、伝える力のトレーニングなるなと思いつきました。

 

自分以外の大人、身近なところから触れ合うことを意識させていこうと思います。

  

気づき

子供の「個性」に耳を傾ける

個性とは、子供の資質、好きなこと、やりたいこと、自由な発想、本当の気持ちを指します。

まさに自分の気持ちを率直に伝えることができるかの基準になるなと感じます。

 

参考にしたいと思います。

スポンサーリンク



気づき

子供が話すようになるポイント

・子供の話を肯定する

・子供が「答えたくなるような質問」(なぜ〜?、どんな〜?、もし〜?)

・子供の話す機会をつくる?(週末の予定のプレゼン、家族のルールを決める、自分の罰を決めておく)

 

自分の気持ちや思いをアウトプットさせる、良い仕掛けの例になるなと感じました。

 

会話の中でなぜ、もし、どんなという質問をいれて子供の頭の中で、

 

自分の気持ちを整理させるためのキーワードになりますね。

 

気づき

叱るときのポイント

人格を否定しない。

「ダメ!」ではなくて、「なぜダメかを伝える」

2つ褒めて、1つ指摘はする!

→①の人格を否定するのは、他の本にも書いてありました。

 

人格を否定するような言葉をかけると、子供の自己肯定感をさがります。

 

そして、またその子供が親になるときに自分の子の人格を否定する言葉をかけるという、負の連鎖のトリガーになるので、

 

子供を叱るときは気をつけないといけませんね。

スポンサーリンク


気づき

子供に謝罪を求めるポイント

事実を認めて話す。

相手の気持ちと自分の気持ちを話す

これからについて話す

 

子供は大人の目線で謝罪を求めさせようとすることはよくあります。

 

そこで、自分はすぐに否定してしまいがちです。

 

そうなると子供は自分のことを否定されるのが大嫌いと日々子育てしていて感じます。

 

自分のことを否定されると、反発したり、自己肯定感を下げてしまって、元気をさげてしまいます。

 

そこで、子供を正すには自分の意見を単に子供にぶつけるのではなく、

 

自分の気持ちと子供の気持ちのすり合わせが必要と感じました。

 

気持ちと気持ちをすり合わせると、自然と子供は落ち着きを取り戻します。

 

こうなれば、今後同じようなことが起きないようにすれば良いことになりますよね。

 

気づき

感謝するときのポイント

お礼を言葉として伝える

今の気持ちを伝える

これからについて話す

こちらは、謝罪を求めるときよりも簡単だポイントですね。

 

反対に、これからも同じことが、続くようするのがここでの大事なポイントになりますね。

 

スヤ
スヤ
アメリカにも日本にも精通しているパックンの家庭での育児・教育の考え方が詳しく書かれていて、とても参考になりますよ!

パックンはハーバード大学出身ですが、とても苦労人で人間味あふれる子育て術を学べます!

 

スポンサーリンク




今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

スヤ
スヤ
以上、スヤでした!

気になる方はスヤ(@vtyljbdn)をフォローをしてね♪

 

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク