育児

【紹介】「おしいれのぼうけん」の想像を超える魅力を伝えます!!

「おしいれのぼうけん」の想像を超える魅力を伝えます!!

みなさんこんにちは(^^)

 

スヤです。 

 

今日は子どもに読み聞かせしている絵本の紹介したいと思います!

 

今日の作品は おしいれのぼうけん/ふるたたるひ*たばたせいいちさく/童心社 をご紹介します!

スポンサーリンク


子供たちが怖いもの①:「おしいれ」

ここは、さくら保育園です。

 

さくら保育園には怖いものが2つあります。 

 

一つは「おしいれ」です。

 

もう一つは、「ねずみばあさん」です。

 

さくら保育園の園児たちは給食の時に騒いだり、お昼寝の時に騒いだりすると、

 

「はい、静かにして」とみずのせんせいは言います。

 

それでも静かにしない子がいるとみずのせんせいは、その子を捕まえて、おしいれに入れてしまい、戸を閉めてしまいます。

 

入れられた子は泣き出してしまい、「ごめんなさい」といい、みずのせんせいはしばらくすると、おしいれから子供を出します。

スポンサーリンク



子供たちが怖いもの②:「ねずみばあさん」

もう一つ怖いもの、ねずみおばあさんは、先生たちがやる人形劇に出てきます。

 

ねずみばあさんが猫をにらむと、猫は動けなくなってしまいます。

 

人形劇が終わると、みんなはみずのせんせいに「本物が見たい」 と

 

ねずみばあさん役を演じるみずのせんせい」はみんな大好きです。

スポンサーリンク


あきらとさとしのケンカ

ある日の昼寝の時間に、あきらとさとしがケンカを始めました。

 

そして、ケンカが激しくなり他の友達(ともこ)の腕を踏んでしまい、蹴り飛ばしたのです。

 

みずのせんせいは「やめなさい」と言いましたが、二人は止めなかったので、

 

「さあ、押入れの中で考えなさい。もし寝ている人のお腹を踏んづけてお腹が破裂したらどうするの!!」

 

と言って、あきらを下の段の押入れに、さとしを上の段の押入れに入れました。

スポンサーリンク



おしいれの世界のはじまり

あきらは下の段でべそをかいていました。

 

さとしが悪いのに「あーあ」という気持ちでした。

 

しかし、さとしはじっと泣くのを我慢していました。

 

さとしが周りを見ると、おしいれの後ろの壁にぼやっと丸く光が立っています。

 

その光のやってくる先を探しました。

 

押入れの戸に穴が開いていることがわかりました。

 

その穴を覗いていると、「く、くう」とあきらの声が聞こえました。

 

「なくな、あーくん。穴があるぞ。外を見てみろよ」

 

の段にも穴がありました。

 

あきらも面白くなり泣くのをやめました。

 

みずのせんせいは、二人が穴から覗くので両手で二つの穴を塞ぎました。

 

そして、二人は指に穴を突っ込んでくすぐり、びっくりした先生は手を離してしまいした。

 

さとしとあきらは、また外をのぞきました。

 

そこへ、きむらせんせいが通りかかったので、

 

みずのせんせいは頼んで、ガムテープを穴にぺたっと貼り付けてくれました。

 

外が見えなくなったさとしは、怒っておしいれをどんどん蹴り飛ばしました。

 

あきらもマネをします。

 

そして、二人は一緒に蹴飛ばすようになり

 

「そら、けとばせ、いち! に! さん!!」

 

みずのせんせいときむらせんせいは一生懸命、戸をおさえました。

 

蹴り飛ばす音がだんだん小さくなり、あきらはとうとう蹴り飛ばすのを止めました。

 

「ぼく、もう だめだよ」とあきらはかなしそうにしていました。

スポンサーリンク


おしいれでさとしとあきらの絆が深まる!!

そこで、さとしがケンカの原因となった「ミニカー」を返すよと、

 

さとしの手が下に伸びてきました。

 

あきらはさとしの手に触りました。

 

汗をかいた熱い手でした。

 

あきらは思わず言います。

 

「さとちゃん、手をつなごう」

 

二人は汗でベトベトの手をしっかり握り合いました。

 

あきらは床にあるミニカーを置く代わりに、

 

ズボンのポケットから取り出した何かをさとしの手に握らせました。

 

それは「ミニ蒸気機関車」でした。

 

おしいれの中でミニカーとデゴイチ(蒸気機関車)を走らせて遊びました。

 

おしいれの外では、みずのせんせいがこまっていました。

 

二人が謝るか、一生懸命考え始めました。

 

年上のきむらせんせいはニコニコしていました。

 

「この二人、どこまでがんばるかな。もうそろそろ怖くなる頃だけど」

 

出てこないふたりを偉いなと思いました。

スポンサーリンク



ねずみばあさんの登場!!

おしいれの中は「よるのやま」と「よるのうみ」。

 

きむらせんせいの言うとおり、だんだん怖くなってきました 。

 

さとしは、「押入れの左の隅」は見ないことにしました。

 

そこにベニヤ板の模様が「真っ暗闇のトンネル」のように見えるからです。

 

あきらは、「押入れの右の壁」は見ないことにしました。

 

壁のシミが「人間の横顔」のように見えてとても気味が悪いからです。

 

「よるのやま」と「よるのうみ」をミニカーとデゴイチで遊んでいると、突然声がしました。

 

「そこにいるのは誰だ? わしは、ねずみばあさんだぞ!!」

 

あきらは思わず、ミニカーから手を離しました。

 

 

おしいれの壁の人間の顔が、ゆっくりあきらの方を向きました。

 

ねずみばあさんです。

 

さとしも思わずミニ機関車から手を離しました。

 

 

ミニ機関車は一人で走り出して、トンネルに入って行きました。

 

「こら、まて!」

 

追いかけるさとしの後ろからゴウッと風が吹いてきました。

 

下の段では、ねずみばあさんがネズミを何匹のお供に連れてきました。

 

そして、壁から出てきたあきらをにらんで言いました。

 

「わしの可愛いネズミ達がお前を食べたがっているぞ!!」

 

あきらはブルブル震えて思わず「ごめんなさい」と言おうとしました。

 

するとそのとき、「あーくん。手だ!手をつなごう!」とさとしの慌てたような声がしました。

 

 

そして、手が下に降りてきました。

 

あきらは夢中でその手をにぎり握ると、

 

ホッとして「ごめんなさい」の言葉は引っ込みました。

スポンサーリンク


ピンチ!!ネズミ達があきらとさとしをおそいかかる!!

ねずみばあさん怒りました。

 

「それいけ とびつけ ネズミ!!」

 

ネズミたちはわっとあきらに飛びかかりました。

 

でも、さとしが、早くあきらの手をぐいっと引っ張ったので、宙に浮きました。

 

引っ張り上げられたあきらの足が地面につくと、そこは暗い森の暗いトンネルの入り口でした。

 

あきらの手をつかんで、さとしが言いました。

 

「一緒になれてよかった。 」

 

安堵している束の間、薄暗い森の中に青い火がちろちろ燃えていました。

 

「あの火、なんだろう」

 

すると、その青い火の間から、すっとねずみばあさんが立ち上がって、恐ろしい声で言いました。

 

「それで助かったと思ったら、大間違いだぞ!!二人一緒になっただけのことなんだぞ。ふふふ。」

 

青い火が一斉にキーキー鳴き声をたてました。

 

そして、二人の周りに迫ってきました。

 

二人は肩を組んで、暗いトンネルの中に走り込みました。

 

走ってるうちにトンネルの天井に薄暗い電灯がつきました。

 

うちも次第に広くなり、出口が見えてきました。

 

もう追いかけてくるネズミもいません。

 

外に出た二人は思わず立ち止まりました。

スポンサーリンク



ネズミから逃れた先の世界は!?

出たところは、「人1人、車1台いない高速道路」でした。

 

暗いトンネルよりもっと不気味でした。

 

二人はその高速道路からお家に向かって走りました。

 

すると突然、ねずみばあさんの声が空から降ってきました。

 

「私はここで待ってるぞ!!」

 

見上げると、ビルの上にねずみばあさんは腰を下ろしていました。

 

二人は汗いっぱいになって走りました。

 

二人は高速道路から降りる道を駆け下りました。

 

駆け下りた所で、二人は思わず叫び「ああっ!! 」

 

ジャッーーーーーーバン!!!!!

 

二人は水の中に落ちました。

 

臭い水です。

 

下水道でした 。

 

二人は手を繋いだまま、臭い臭い水の中を流されていきました。

 

流れてきた丸太につかまった二人は、ほっとした気持ちで、流されてきました。

 

「眠くなってきたよ。さとちゃん」

 

「うん、僕もだ」とあきら。

 

途端にねずみばあさんの笑い声が下水道いっぱいに響きわたりました。

 

「とうとう、まいったようだな。いまだ!ネズミたち!」

 

そして、ネズミたちが下水道の中から二人を岸の上に押し上げました。

 

二人はねずみばあさんの前に連れて行かれました。

 

ねずみばあさんは言います。

 

「お前たちは逃げ回り、わしをてこずらせたな。でも、わしは優しいばあさんだ。

 

だから、お前達が謝るなら食べないし、この地下の世界からの出してやる!」

 

さとしが「ごめんなさい」いいかけたとき、

 

「僕たち、悪くないもん!!ごめんなさい何ていうもんか!」

 

さとしははっとし、ねずみばあさんがいました。

 

「ようし。それならお前たちをわしのネズミにしてやろう!」

 

「いやだ、 ねずみになんかなるもんか!」

 

二人は叫びましたが、ねずみばあさんの光る目に見つめられると、

 

力が抜けてヘナヘナ座り込んでしまいました。

 

ネズミ達が二人に飛びかかるろうとしましたが、二人とも決して「謝らないぞ」と決心しました。

 

ネズミ達が飛びかかろうとしたときです。

スポンサーリンク


ミニカーとデゴイチが大活躍!!ねずみばあさんに勝つ!!

おしいれで遊んでいたミニカーとデゴイチがやってきて、

 

さとしとあきらはミニカーとデゴイチに飛び乗り走り出しました。

 

ネズミ達はワッと逃げました。

 

「助けてくれ!」ねずみばあさんもネズミと一緒にとうとう逃げ出してしまいました。

 

「良かった。僕たち、ねずみばあさんに勝ったんだ!!」

 

ふたりは窓から手を出してしっかり握り合いました。

 

二人はとても気持ちよく疲れていました。

 

眠ったように車の中でじっとしていました……..

 

その車内窓の外に星が見え始め、星は空いっぱいになりました。

 

デゴイチとミニカーが空に浮かび上がって、二人を地下の世界から連れ出してくれるのでした。

 

やがて、星は見えなくなりふと気が付くと、

 

二人は押入れの中でデゴイチとミニカーを持ったままうウトウトしていました。

スポンサーリンク



おしいれのぼうけんから生還!!

あのぼうけんは、ウソではない!!

 

証拠に二人とも汗びっしょりになっていました。

 

押入れの戸がガラリと開きました。

 

みずのせんせいときむらせんせいがふたりをそとに出しました。

 

「きみたち、ほんとよくがんばったな。あら、あきらくんのおでこ、あせもかしら?」

 

みんながワッとあつまり、ふたりのそばにきました。

 

「ね。ね。おしいれ、こわくなかった?」

 

「おしいれからでられてよかったね」

 

さとしとあきらは赤らめて、

 

踏んででしまったともこに「さっきは踏んじゃってごめんね」….

スポンサーリンク


おしいれのぼうけんが子供たちを変化させる!!

次の日からみずのせんせいは、子供達をおしいれにいれなくなりました。

 

代わりに子供たちが自分でおしいれに入るようになりました。

 

さとしがみんなに「おしいれって、ねずみばあさんの国なんだよ大冒険のできるところなんだ!」

 

あきらもみんなに話をしました。

 

さくら保育園には、とても楽しいものが2つあります。

 

1つは「おしいれ」で、

 

もう1つは「ねずみばあさん」です。

スポンサーリンク



まとめ

外から見れば、おしいれのなかに2人の子供がいれられただけ。

 

そして、外から、みずのせんせいときむらせんせいが、ねずみばあさんとネズミ達を演じていただけかもしれません。

 

しかし、さとしとあきらのおしいれの中で大冒険をする様子を心を込めて読む。

 

そして、ねずみばあさんを演じるように読み聞かせをすると、子供が絵本の世界に引き込まれるに違いない作品です(^^)

 

1974年に発行されて、長年のロングセラー作品です!

 

私は子どもの頃に読んだことはなくて、自分が親になって、子どもに読み聞かせをしました!!

 

私も読んでいて、絵本の文章や挿絵を見ながら、さとしとあきらのだいぼうけんにハラハラ、ドキドキとしました!!

 

5才の我が子も、読み終わってすっごく満足した笑顔が印象的でした!

 

子供は私達のような大人よりもさとしとあきらの気持ちがわかるのでしょう。きっと…

 

この本は読みつがれるべき作品の1つに間違いないと私は思います(^^)

 

スポンサーリンク



今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

Twitterやっています‼︎

 

フォローよろしくお願いします!

 

@vtyljbdn

 

フォローはこちらよりお願いします。

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク