育児

『ぼくのニセモノをつくるには』から自己分析の切り口を学ぶ

『ぼくのニセモノをつくるには』から自己分析の切り口を学ぶ

 

スヤ
スヤ

みなさんこんにちは(^^)

スヤ(@vtyljbdn)です!

 

今日は子どもに読み聞かせしている絵本の紹介したいと思います!

 

 

今日の作品は ぼくのニセモノをつくるには ヨシタケシンスケ ブロンズ社 です!

スポンサーリンク


本作品の紹介

『ぼくのニセモノをつくるには』の紹介です。

 

第4回 街の本屋さんが選んだ絵本大賞 第2位

 

第2回 長野県絵本大賞 コンテンポラリー部門 大賞

 

と大変優秀な作品となっています。

 

 
スポンサーリンク



本の内容

本の大まかのストーリーは以下のとおりです。

 

まずは「ぼくはなまえとかぞくがある」という切り口で自己分析に関する絵本です。

 

名前、性別、誕生日、家族構成などの情報を紹介している。

 

次は「ぼくは外からみるとこんなかんじ」という切り口で

 

主人公であるけんたの体を自己分析。

 

ここから徐々にヨシタケシンスケ節が出始めます。

 

足のところには「くつしたによくあながあいている」とか

 

 

マニアックな情報が描かれていて、子どもと大人もクスッと笑ってしまいます(笑) 

 

他にもいろんな切り口で自己分析していきます。

 

「ぼくにできること」として「カニにはさまれてもがまんする」とか

 

この本はそんなユーモアだけの本ではありません。

 
スポンサーリンク


他己分析もある

自分を客観的に観察した時に見えてくる様々な事実に気づかせてくれます。

 

いわゆる、他己分析ですね。

 

ぼくはお父さんとお母さんのこどもであるが

 

お父さんお母さんにもそれぞれお父さんお母さんがいて、

 

その先にも無数の人たちがいて、

 

そこからぼくにつながっているという事。

 

これは非常にわかりやすく説明されていると感じました!

 

ぼくはまだ成長途中だからこの先すごい人になっちゃうかもしれないのだということ。

 

 

ぼく自身とは別に周りの人達の頭のなかには、ぼくに関するイメージ(分身)がいるのだということ。

 

ぼくの頭の中には、他の人が知ることができないぼくにしかわからないことがあるのだということ。

 

そんな沢山の気付きをいつの間にか与えてくれる本です。

  

確かにそうです。

 

改めて子どもと一緒に自分について学べる絵本ではないかと思います。

 

  

自分とは何なのか、自分を取り巻く世界と自分との関係はどのようなものなのか、

 

 

そんなことを考えさせてくれる本でもあるようです。

 

 

対象年齢は個人的には5歳くらいが良いのかなと思います。

スポンサーリンク



著者のヨシタケシンスケさんの紹介

 ヨシタケシンスケ。

 

1973年、神奈川県生まれ。2児の父。

 

筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。

 

日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や

 

児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表している。

  

『りんごかもしれない』で、第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞などを受賞。

 
スポンサーリンク


他の著書の紹介

ヨシタケシンスケさんの他の作品は以下の作品があります。

◎『しかもフタが無い』

◎『結局できずじまい』

◎『せまいぞドキドキ』

◎『そのうちプラン』

◎『りゆうがあります』などがある。

 

 ヨシタケシンスケさん作品は大人でも楽しめる作品ですので、一家に1冊あれと良いと思いますよ。

我が家のオススメ!! 

我が家には『もうぬげない』という作品があります。

 

これもなかなかおもしろいです。

 

もうすぐ2歳になる。

 

娘も娘なりに理解しているようで、何回も読み聞かせをしています。

 

ヨシタケシンスケさんの作品ははハマりやすいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク




今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

スヤ
スヤ
以上、スヤ(@vtyljbdn)でした!

 

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク