育児

【教育】実は公文式の教室はこんな力を育てるところ!!

実は公文式の教室はこんな力を育てるところ!!

スヤ
スヤ
みなさんこんにちは(^^)スヤ(@vtyljbdn)です!

 

今日は「実は公文式の教室はこんな力を育てるところ」についてご紹介します。

 

最近は早期教育が必要だと書籍等、いろいろな媒体で情報が展開されている状況にあると思います。

 

そして、早期教育に向けて多くの教材が溢れかえっていると思います。

 

 

もう何が良いのかわからなくなっていますよね。

 

スヤ
スヤ
私は子供だった30年前とは大きく状況が変わっていると感じますね。

 

スヤのお供
スヤのお供
しかし、状況が変われども、子供に求められる力は「変わらない」と思いますよ。

 

スヤ
スヤ
確かにそうです。

時代は変わっても子供の学力で求められる力はどの時代も最高峰の学校は変わってないと思いますね!

 

そこで今日は早期教育に便利なツールで、東大合格者も多く経験している「公文式」の教室で行われている育てる力についてご紹介します。

 

歴史・伝統のある「公文式」ですから、早期教育の登竜門的存在であります。

 

スヤ
スヤ
では、行きましょう!

スポンサーリンク


5歳までに育てておきたい大切な能力とは!?

例えば、5歳までの子供には以下のような能力が必要と考えます!

5歳までに育てておきたい大切な能力

①ちゃんと自分の感情をコントロールできる

②相手の気持ちがわかってあげる能力

③目標を達成するために粘り強く努力し続ける能力

④逆境の状況に陥った時に乗り越える能力

⑤あらゆることに意欲・関心を持つことで鍛えられる想像力や発想力

 

親と子の関わりで上記の能力が育つような有効なツールとして、公文式のBaby Kumonセットおよび公文式のプリント教材(国語、算数・数学、英語)があります。

 

ぜひ、小学校入学前に、上記の能力は育てておきたいものです。

 

これが育つことなく入学すると、小学校生活で特に、「勉強面」で苦労してしまいます。

 

 

公文式の教室ではスタッフ間で①〜⑤の能力を育むことを共有し声かけをして、子供たちの見守りを行っています。

スポンサーリンク



公文式の教室で行われる指導力とは!?

例えば、公文式の算数は例題を見て自分で解いていきます。

 

今まで培ってきた力や他の視点から見たり試行錯誤を必要となります。

 

そのために「忍耐力、粘り強さ」がなければすぐに諦めてしまう可能性があります。

 

何かを自分にとって都合の悪い上ができたとき、すぐに諦めてしまう癖がついてくるかもしれません。

 

学年が上がるにつれて努力や工夫が求められるようになります。

 

そして、テストなどで成績を測る機会で、伸び悩んでしまう可能性は高くなるでしょう。

 

そんな状況を打開してくる教材に公文式のプリント教材はおすすめできます。

 

他に、英語ではE-pencilで音声を聴きとって、自分で発音して練習する。

 

また国語では文章と対話をしながら読み進める力が必要です。

 

つまり、読み書き計算といった認知能力は、①〜‍⑤の非認知能力の土台があってこそ伸びていくのです。

 

スヤのお供
スヤのお供
公文式の教材に上記の能力を高める小さな工夫がたくさん散りばめている印象です!

 

スヤ
スヤ
そうです!繰り返しやるところや少しだけ今までの知識を応用した問題がたくさんみうけられますね!

 

公文式の教室では、教室日にひとりひとりの生徒の学習情報を踏まえて、教材をセッティングします。

 

その際、学習時にどんな反応が予想されるかをイメージします。

 

指導が必要であれば、スタッフとどこに座らせて、いつ誰がどんな指導するかを準備し共有しています。

 

学習後は生徒のプリントの取り組み結果を振り返り、学習進度を見直し次回の教材セットを行います。

 

このサイクルを繰り返すことで、①〜⑤の能力を社会に出たときに活かす仕掛けが公文式の教材にはあります。

スポンサーリンク


公文式は個別でなく、「みんなでやる意識」も重要!

こう見ると、公文式は教材は個人個人を尊重した学習ツールと考えてしまいます。

 

しかし、1人の頑張りが周りの学習する生徒にも波及することがあります。

 

1人の生徒が算数と国語のプリント教材を満点で終えて、ニコニコしていると、

 

「私も楽しんで頑張る」と言って、前向きにプリント教材に取り組み教室内の生徒が満点続出するケースがあります。

 

公文式は個人別での自習学習ですが、集団の力を感じることもあります。身近な友人が公文式に入会した時もとても教室の雰囲気が良くなります。

 

「みんなで頑張る公文式」これも公文式の良さではないでしょうか!!

 

スヤ
スヤ
今日は公文式がどんな力を育てようと工夫されているかをまとめてみました!
スヤのお供
スヤのお供
早期教育には公文式のプリント教材が子供に大きな力を与えてくれると思いますね!「みんなで頑張る公文式」も素敵☆

スポンサーリンク



まとめ:公文式の教室で育てる能力について

まとめとして、公文式の教室で特に5才までに育てておきたい大切な能力をおさらいします!

スヤ
スヤ
この能力は必ずしも5才までに必要な能力ではなく

今後、学校生活で必要な能力でもありますよ☆

 

5歳までに育てておきたい大切な能力

①ちゃんと自分の感情をコントロールできる

②相手の気持ちがわかってあげる能力

③目標を達成するために粘り強く努力し続ける能力

④逆境の状況に陥った時に乗り越える能力

⑤あらゆることに意欲・関心を持つことで鍛えられる想像力や発想力

スポンサーリンク



今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

スヤ
スヤ
以上、スヤ(@vtyljbdn)でした!
【公文式】もっと知りたい公文式国語について大公開!【公文式】もっと知りたい公文式国語について大公開! みなさんこんにちは。 スヤです。 今日は【公文式】もっと知りたい公文式...

 

【育児】就学前の児童向け:くもんの取り組み方(国語編)について就学前の児童向け:くもんの取り組み方(国語) みなさんこんにちは。スヤです。 今日は就学前の児童向けのくもんの取り組み方(国語&...

 

【情報】くもんの国語プリント教材の直しのやり方くもんの国語プリント教材の直しのやり方 くもんの国語で直しがあったときは、いきなり直して終わりではいけません。 間違えた...

 

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク