ライフスタイル

いつまでも若々しくいる方法がある!

いつまでも若々しくいる方法がある!

 

スヤ
スヤ

みなさんこんにちは(^^)

スヤ(@vtyljbdn)です!

 

今日の質問

今日は以下の質問があります。

 

【今日の質問】

「︎鏡を見るたびに年を感じます。見た目を老けさせない方法はありますか?」

 

老化を防ぐと言うのは、アンチエイジングということで、男性にも女性にも興味があることだと思います。

 

老けない方法とはカンタンです。

 

【結論】有酸素運動です。

 

有酸素運動すると成長ホルモンが分泌されます。

 

成長ホルモンは新陳代謝を活発にします。

 

お肌のターンオーバー(入れ替え)を活発にして、美白効果を発揮します。

 

お肌の効果以外にも、疲労回復や免疫力の向上、細胞の修復効果もとあり、

 

 

アンチエイジング効果持つ物質が成長ホルモンとなります。

 

成長ホルモンの効果

新陳代謝を活発化させる

お肌のターンオーバー(入れ替え)を活発化させる

疲労回復

免疫力の向上

細胞の修復効果

つまり、アンチエイジング効果持つ物質が「成長ホルモン」です!

スポンサーリンク


有酸素運動の一例

だから、成長ホルモンが出るように運動すると、若々しくいられるということになります。

 

有酸素運動で加圧トレーニングを行う場合は、

 

普段の運動より成長ホルモンが出やすいと言われています。

 

若返り効果があると実感する人が多いです。

スポンサーリンク



有酸素運動の目安

どのような運動で成長ホルモンが出るのか?を言いますと、

 

30分以上の有酸素運動を継続して行うと成長ホルモンが分泌しやすい

と言われています。

 

反対に言うと、5分程度の少しの運動では成長ホルモンが分泌されません。

 

だから、有酸素運動の目安としては、30分以上運動したほうがいいです。

 

文献などを見ると、45分から1時間有酸素運動するのが良いと報告されています。

 

それは成長ホルモン効果が得られるから、

 

30分以上の運動が推奨されていると言うことになります。

 

もっと短い時間で成長ホルモンを出した人は、筋トレと組み合わせるといいと思います。

 

例えば、有酸素運動の前にスクワット20回する or 20メートルのダッシュをする

 

有酸素運動を行う前に一気に心拍数を高めて有酸素運動すると

 

30分掛からずに筋トレ直後から成長ホルモンが出るという報告があります。

 

有酸素運動の例で言うと、

 

ウォーキングマシーンで歩く時に最初に時速5kmで5分ほど歩いたら、

 

次に時速10kmに上げて1分ほど走るようにします。

 

これによって心拍数が上がりそこから走ることで、

 

成長ホルモンの効果をより得られる運動方法があります。

 

本記事は下の動画を参考に記事にしています。

短い動画ですので本記事の復習になると思いますよ(^^)

精神科医の樺沢紫苑先生は作家としても、ご活躍されています。

樺沢先生の本の記事も書いてありますで、併せてお読みくださると理解が深まりますよ!!

【書評決定版】学び効率が最大化するインプット大全から得た重要気づき6選【書評決定版】学び効率が最大化するインプット大全から得た重要気づき6選   今日の作品は 2019年8月3日に発売の『学...
【書評】人生うまくいく人の感情リセット術から得た不安から脱出する方法とは!?人生うまくいく人の感情リセット術から得た不安から脱出する方法とは!?       今日は 人生うまくいく人の感情リセ...
『アウトプット大全』体験談キャンペーン■私は自己成長したぞ!■『アウトプット大全』体験談キャンペーン■私は自己成長したぞ!■   今日は『アウトプット大全』について、読み実践したこと...
「いい緊張は能力を2倍にする」から学ぶ「緊張」には「変顔」と「バナナ」活用しよう!!「いい緊張は能力を2倍にする」から学ぶ「緊張」には「変顔」と「バナナ」活用しよう!! 今日の作品は いい緊張は能力を2...

スポンサーリンク



今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

スヤ
スヤ
以上、スヤ(@vtyljbdn)でした!

 

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク