ライフスタイル

こんな読書は時間のムダー読書のデメリット

こんな読書は時間のムダー読書のデメリット

 

スヤ
スヤ

みなさんこんにちは(^^)

スヤ(@vtyljbdn)です!

 

今日は「こんな読書は時間のムダー読書のデメリットをご紹介します!

 

では行きましょう!

スポンサーリンク


今日の質問

今日は以下の質問があります。

 

【今日の質問】
「私は本を読むことが好きなのですが、読書にデメリットはありますか?」

 

読書にデメリットがあるかという話ですね。

 

読書のメリットはたくさんあります。

読書によって知識が身につく。

読書によって、「読解力」が身につき、頭が良くなり学校の成績が良くなるデータがあります。

また、読解力が上がると数学の成績が上がる報告があります。

あるいは、読書量が多いほど、収入が多い研究がある。

 

といった、さまざまな読書のメリットはあります。

 
スポンサーリンク



読書のデメリットについて

そこで、読書のデメリットはあるのか?

【答え】あります‼︎

読書のデメリットは「アウトプット」しない限り、発生します。

 

読書する人にはただ「読むだけ」の人が多いのです。

 

世の中の9割の人はそのような読書をしているのが現状です。

ただ読むだけの読書は「読んだ内容を忘れる」だけです。

 

何ヶ月かすれば、読んだ内容を忘れて、半年、1年もするとほとんど忘れてしまいます。

つまり、読んでいる意味がないと言えます。

 

忘れていることを実行できているかというと、それは不可能です。

 

ある程度本の内容を言えるくらいにならないと、

 

その内容を実行することはできないからです。

 

本の内容を言えるくらいにならないと、本の内容を実行することは不可能になります。

 

ただ読む=インプットしただけで、人に説明できるくらい読み込めている人はほとんどいないと思います。

 

読み込めていたとしても、アウトプットしなければ忘れてしまいます。

 「アウトプットなし」の読書というのは、時間のムダ、お金のムダ、労力のムダ、すべてにおいてムダです。

 
スポンサーリンク


アウトプットしない読書=読書していない

それだったら読書しない方が、マシと言えるくらいアウトプットありきの読書が重要になります。

 

多くの人は、本を読んだだけの自己満足の人が大半です。

 

自己満足のためだけにお金と労力を払っていると言えます。

 

読書してもアウトプットしない人は、自己成長ではなく、自己満足に終わってしまいます。

 

きちんと結果を出したいのならば、「アウトプットを伴う読書」が必須になります。

 

読書したらアウトプットすることがアウトプット大全で50万部を超えるベストセラーになったので常識になりつつあります。

 

読書したらアウトプットすると、読書のメリットをすべて享受することができます。

 

アウトプットしない、ただ読むだけの人は読書のメリットはないのではないでしょうか。

 

お金と時間と労力をかけるデメリットだらけになります。

 

ですから、せっかく読書をするのであれば、

 

アウトプット前提とした読書をして、アウトプットしっかり実行することをオススメします。

 

スヤ
スヤ
アウトプット大全の購入はコチラ!!

スポンサーリンク




今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

スヤ
スヤ
以上、スヤでした!

気になる方はスヤ(@vtyljbdn)をフォローをしてね♪

 

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク