書評

【書評】【要約】「人を操る禁断の文章術」から学ぶ人の心(悩み・不安)を揺さぶる文章とは!?

「人を操る禁断の文章術」から学ぶ人の心(悩み・不安)を揺さぶる文章とは!?

みなさんこんにちは。

スヤです。

 

今日は「人を操る禁断の文章術」から学ぶ人の心(悩み・不安)を揺さぶる文章とは!?をご紹介したいと思います。

 

 

 

私もブログを書いていますが、記事を読んで参考になったや行動してもらえたら最高に嬉しいです。

 

そのために何が求められるのかを知るために本書を手にしました。

 

では、本書から得た人の心を揺さぶり、人を動かす文章の書き方をまとめましたのでご覧ください。

 

※また、人の悩み・不安を解消するための有効なツール(占い、護符)について例を交えて紹介しています。

スポンサーリンク


人を操る文章の仕組みについて   

 

人を操るための文章の仕組みには以下の通りの順序があります。

人を操るための文章の仕組み

①人が文章を読む

②言葉に反応する

③言葉から想像をする

④行動する

 

 

 

 

 

つまり、文章とは言われるために書くものではない。行動させるために文章書くものです。

 

よりわかりやすく噛み砕いて言うと、人を行動させる文章とは、、、

 

イメージのすることが容易であること

 

と言えます。

スポンサーリンク



文章の優劣について

 

文章の優劣は以下のとおりとなります。

①◎〜したくなるような文章。

②△伝わる文章

③×伝わらない文章

 

そして、人の心を揺さぶるための原則があります。

 

それは「書かない3原則」と言います。

 

書かない3原則は以下のとおり。

人の心を揺さぶる「書かないの3原則」

①あれこれ書かない

→内容を書きすぎた長文はすぐに起きられる狙う結果を1つに絞り短文で読み手の想像力を活用する!!

 

②きれいに書かない

→美しいだけの文章、理路整然とした表面的な部分で書かないこと。

感情(気持ちや思うこと)を込めた文章で読み手の想像力を刺激し、感情を揺さぶる文章できれいに書かない。

 

③自分で書かない

→自分の頭の中に答えはありません。書く前に読み手の知りたい内容を探る。それを提示するようにして書くことが重要です。

スポンサーリンク


人の悩みは「HARM」(ハーム)に集約される!

人間の悩みと言うのは世代問わず「HARM」(以下ハームという。)に集約されると言われています。

ハームというのは以下の悩み・不安のことです。各世代に何かしらのハームはあると考えています。

「HARM」(ハーム)とは!?

Health:健康(美容、外見、病気など)

 

Ambition:夢、希望、キャリアなど

 

Relation:人間関係(友人、知人、恋人、結婚、会社など)

 

Money:お金(収入、借金、年金、ローンなど)

 

 

 

この悩みに対する事柄を解決するような文章を書くことで、

 

人の感情を揺さぶり行動に導くことができるでしょうね!

  

1例ではありますが、確かに自分の何人かの友人の悩みもハームに集約されているなと感じます。

 

私は友人達とよく食事をしたりして話を聞くことがあるのですが、確かにハームに当てはまる悩みがありました。

H(健康の悩み不安)

まず、友人は健康面は悩みを持っています。

精神的な苦痛に悩まされていて、通院していることが今後治るのかどうかという悩みがあります。

まさに健康の悩みがありました!

また、友人には子供がいて、子供も持病があるとのことでした。

 

A(夢・希望の悩み不安)

そして、夢についてですが、これもハームに当てはまりしたね。仕事については、無事に就職した会社今後ずっと続けていいのか良いかという事を考えているとのこと。

 

キャリアの夢についても入社した時に、必ず部長職のように幹部になりたいと言う思いがあり無事になれるのかと不安になったりしています。

 

同期のみんなと仲良くしているけど、同期よりも早く出世をしたい、そして後輩や同期のみんなから慕われるようになりたい。憧れの存在になりたいという悩みを持っているようなことを言っていました。

 

R(人間関係の悩み不安)

人間関係について、悩みがやはり友人にはあると言っていました。職場の幹部職の人が大変厳しい人で企画書がなかなか通らなくて書類を突き返される日々が続いていると言っていました。

「何度も何度も同じことを言わせるな!」

 

「1度言った事は1回で覚えろ!」

 

「私の趣旨はそういうことではない。出直してこい!」

 

などと叱責されることも多々あるようです。

 

また、プライベートにおいても恋人ができたにもかかわらずお付き合いして、結婚しました。

しかし、子供が生まれたのをきっかけに夫婦関係が悪くなり、別れてしまう事態になったといって今後が不安になっているとのことでした。

 

M(お金の悩み不安)

お金についても悩みがあるということで、会社の給与が削減されるという内示がありました。

今の給料が50,000円も引き下げられるという事態になり生活費がカツカツの状態で暮らさなければならないという状況になったということでした。

最悪、手取りが1桁になることもありえるみたいです。

そして、職を変えようか迷っているが年齢的に自分に合った職があるのか思い悩んでいるということを相談されました。

 

ほんの1例ですが、同じような悩み不安皆さんもありませんか?

 

悩み不安をあぶり出してみると確かにハームにあてはまることばかりだと思います。

つまりポイントは、、、

ハームのような「悩み不安を解決するような文章」を書いて、

悩み不安が解決される文章を読んだ人が「行動に移す」という仕組みが当てはまるのではないでしょうか!

スポンサーリンク



悩み不安に対して、、、

ちなみに悩み不安は、人は目に見えないことに対して不安や悩みを抱くことが傾向としてあります。

 

そのため、悩みや不安を解決するためには1つのツールとして、「占い」「護符」というものがあります。

護符について解説しています。

 

「占い」や「護符」は自分の将来を照らしてくれ有効なツールになります。

 

私も友人から悩みを受けたときに、「占い」や「護符」をしてもらうことで目に見えない不安や悩みに対して、将来の道筋を照らしてくれものです。

 

そして、生きていくエネルギーを得られると思います。

 

完全に信じ切るのはリスクがあるかもしれませんが、参考程度に人生のアドバイスをもらう軽い気持ちでしてみたらと友人にアドバイスをしたら、、、

 

 

「気持ちが前向きになれたし、少し安心できたよ!!」

 

と報告をもらいました!

 

人の悩みや不安を取り除くのに「占い」や「護符」は有効です。

 

きちんと実績ある占い師や護符を以下のとおり紹介します。1度興味ある方は軽い気持ちで悩みや不安に対してアドバイスを受けるのが良いと思います!!

【占い・護符のご紹介】

霊感霊視のエキスパート多数在籍!
電話占い【恋愛応援スペーシア】3回まで無料キャンペーン中!

 

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

幸せになれる電話占い【ココナラ】

あなたのあらゆる情報を数字で表して解読する:情報推命学の電話鑑定



開運の護符・霊符販売【ご祈念堂】

スポンサーリンク


人を動かす7つのトリガー(引き金)

人を動かすためにはきっかけ、つまり「トリガー」が必要と考えます。

 

本書では人を動かすためのトリガーが7つ紹介されていましたので、わかりやすく整理をしました。

7つのトリガーは以下のとおりです。

人を動かすための7つのトリガー

トリガー①:興味

→人は退屈を嫌う傾向にあります。逆に夢中になれるときは時間を忘れてしまいます。興味に触れると勝手に人が行動するという仕組みになります。

 

トリガー②:本音と建前 

→人は本音と建前の間を行き来して生活をしています。その間に突き動かすエネルギーが詰まっていると考えます。

 

トリガー③:悩み

→人は悩みや不安やコンプレックスを解消したがる傾向にあります。

悩みが解決できることがわかると、人間は必ず行動する傾向にあります。

 

トリガー④:損得

→人は、「得したい」よりも「損したくない」と言う思いが強い傾向にあります。

「損はしませんよ」と安心させれば、行動させやすくなると言う事になります。

 

トリガー⑤:みんな一緒

→人は、自分の所属するカテゴリーから外れることをやけに嫌う傾向にあります。また、自分と共通点を持つ人に強く影響される傾向にもあります。

だから、みんな同じというように共感することや共通することなどを文章に含ませる引き金があると人を動かすことができます。

 

トリガー⑥:認められたい

→人は認められなければ生きていけないという強い傾向があります。プライドをくすぐるれば前ののめりで文章を読んででくれることになります。

 

トリガー⑦:あなただけの

→人は持っているものがなくなりそうになると激しく渇望する傾向にあります。

また、自分だけ特別扱いされたがる傾向があります。あなただけのと言う限定する特別な文章を書くことで人を動かすことができます。

 

スポンサーリンク



今すぐ使える人を動かすための文章テクニック

今から使える人の心を揺さぶり人を動かすための文章テクニックをご紹介します。

今すぐ使える人を動かすためのテクニック集

テクニック①:書き出しはポジティブにすること

→人は第一印象の影響から逃れられない傾向にあります。書き出しをポジティブにして自分の印象をアップさせることを目指しましょう。

 

テクニック②:何度も繰り返すこと

→人はメッセージを繰り返されるほど、その内容に呑まれる傾向にあります。

ただし、使う表現は例えば10回文章や言葉繰り返すのであれば、10回表現を変えて繰り返すことを心がけてください。また、同じ言葉を用いないことも留意しましょう。

 

テクニック③:話しかけるように書くこと

→人は、文章より会話の方が内容を覚えやすいと言う傾向にあります。文章に会話要素を入れて書くことが人を動かす最高の誘導になります。

 

テクニック④:上げて、下げて、また上げること

→人は不安や健康などのネガティブな感情に浸っている時ほど、そこから逃れたいと何度も考えるようにエネルギーを使う傾向にあります。

読み手の感情を1度下げて、次により強いポジティブな力強い文章を書くことで行動を誘導することができます。

 

テクニック⑤:追伸をつけること

→人は、達成した課題よりも達成されないことや中断されていることが気になる傾向にあります。

文章を途中で1度完結させてから、メッセージを相手の脳に刻み込んで行動を誘導されることができます。

 

 

スポンサーリンク


まとめ

以上、人を行動に移すための文章術を整理しました。

 

いきなりすべてのことをやるのは不可能だと考えます。

 

自分の中で咀嚼をして、「できること」と「できないこと」を判断し、「できること」に焦点を当てて、まずは自らが行動しましょう!

 

そうすることで、人の心を揺さぶり人を動かす文章が自然と書けるようになってくると思います。

 

「文章」は「口で話す」よりも相手に思いを伝えることに関しては優位性を持つと考えます。

 

口下手な人ほど、この記事でまとめした文章術を参考にして文章を書いて書いて書きまくり、ライティングスキルを上げていくとより良いコンテンツが生み出されていくのではないでしょうか!

 

文章は書き直せます。しかし、言ったことは言い直せません。書いたコンテンツを見直しより、人を動かすコンテンツを作く上げていきたいと思います!

スポンサーリンク



今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

Twitterやっています‼︎

 

フォローよろしくお願いします!

 

@vtyljbdn

 

フォローはこちらよりお願いします。

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク