ライフスタイル

自分の記憶を確かめる方法

自分の記憶を確かめる方法

 

スヤ
スヤ

みなさんこんにちは(^^)

スヤ(@vtyljbdn)です!

きょうは 自分の記憶を確かめる方法 についてご紹介します!

 
スポンサーリンク


今日の質問

 今日は以下の質問があります。 

 

【今日の質問】

「何かを学ぶとき、この内容はまだ身に付いていないのではないか?と不安になり

同じところを何度も勉強してしまい、なかなか前に進みません。

どうしたらこの行為が止められて、

勉強で結果を出せるのでしょうか?」

 

つまり、何かを勉強して、記憶したことを

・覚えているか?

・まだ覚えていないのか?

・わからないのか?

を確かめるにはどうしたらいいかということです。

 

「覚えている」と判明すれば、同じ部分を勉強せずに、次の分野に行けます。

 

記憶に自信がなければ、何度も繰り返して覚える必要があることになります。

 

既に記憶していることを何度もチェックするのは時間の無駄です。

スポンサーリンク



「全アウトプット」が オススメ

それを避けるための記憶術があります。

 

それは「全アウトプット」がオススメです。

 

これはインプット大全にも書いてありますが、

 

覚えていることを全部吐き出すことで、自分がどれだけ覚えているかをチェックできます。

 

例えば、

映画を見終わった後にノートを開いて今見たい映画の内容を前部書き出す。

ストーリー、セリフ、重要なシーン、自分が感動したシーンなど…

 

そこに書き出された事柄は、自分で思い出して文字にできたことです。

 

つまり自分が「覚えている内容」です。

 

逆に言うと、映画を見た直後なのに思い出せないのなら、

 

それは1週間後、1ヵ月後に思い出せる可能性はほとんどないということです。

 

これはちゃんと記憶できていなかった事柄になります。

 

また、例をいうとセミナー(授業)を受講した後に家に帰った後思い出せる内容全部何も参考にせずに書き出してみましょう。

そうすることによって

①書き出せた内容=覚えている内容

②書き出せない内容=覚えていない内容

と言えます。

スポンサーリンク


受験生の「全アウトプット」術

では受験生の場合の全アウトプット術の活用法を見ていきましょう。

 

受験生が行う方法として、社会や理科の科目では「まとめノート」を作るのが有効です。

 

まとめノートとは、教科書で覚えるべき点を全部まとめノートに書きます。

 

「まとめノート」に書き終わった後に、

 

「まとめノート」を見ないで

 

「まとめノート」のこのページには何が書かれていたか?

 

を全部アウトプットすることが記憶定着していることを確かめる有効な方法になります。

 

そこで書き出された内容を見れば、

 

自分では丸々1ページ暗記したつもりが、覚えている部分だけが書き出されるわけです。

 

これによって覚えている部分と覚えていない部分がはっきりとします。

スポンサーリンク



インプットとは何か!?

インプット大全でも説明したことですが、

人間のインプットとは何か?というと

イン(in)してプット(put)されないと、

インプット(input)ではないです。

 

つまり、頭の中に入れて、置かれなければ意味がありません。

 

例えば、本を読んでも右から左へ抜けると、

それはイン(in)プット(put)ではありません。

 

インしてスルーしたらインスルーになっちゃいますよね。笑

 

インしてプットするとは、頭の中に記憶を残す(置く)事を言います。

 

どれだけ頭の中にインプットされたか?は「アウトプットした量」でしか測れないということになります。

 

つまり「全アウトプット」して書き出された量が、「あなたが覚えていた再生される記憶量」と言う形になります。

 

・自分が覚えたことを全部再生してみる

・自分が覚えたことを全部再現してみる

 

このようなことを「全アウトプット」を習慣化すると良いでしょう。

スポンサーリンク


「全アウトプット」の利点

全アウトプットにより

 

ある事柄が、どこまで覚えているのか?どこまで覚えていないのか?

 

これが明確になります。

 

覚えた部分はもう次に進んで良いです。

 

覚えていない部分に関しては何度も復習してさらにインプットして覚えるようにしましょう。

 

こうすることで覚え漏らし、記憶漏らしがなくなります。

 

だから「全アウトプット」がオススメです。

 

専門用語では、よく「自己テスト」と言います。

 

自分自身が覚えているかどうかで自己テスト自己チェックする。

 

学生さんなら、英単語のチェックなどが自己テストの例です。

 

樺沢先生の場合、ノート1ページを「全アウトプット」をします。教科書のページで全部覚えていることを書き出していく全アウトプット中学、高校の頃からやっていたそうです。

 

これは記憶をしているか確かめるのに良いツールとなりますので、全アウトプットすることによってどこまで覚えているかはっきりわかりますので、是非やってみてください。

 

本記事は下の動画を参考に記事にしています。

短い動画ですので本記事の復習になると思いますよ(^^)

精神科医の樺沢紫苑先生は作家としても、ご活躍されています。

樺沢先生の本の記事も書いてありますで、併せてお読みくださると理解が深まりますよ!!

【書評決定版】学び効率が最大化するインプット大全から得た重要気づき6選【書評決定版】学び効率が最大化するインプット大全から得た重要気づき6選   今日の作品は 2019年8月3日に発売の『学...
【書評】人生うまくいく人の感情リセット術から得た不安から脱出する方法とは!?人生うまくいく人の感情リセット術から得た不安から脱出する方法とは!?       今日は 人生うまくいく人の感情リセ...
『アウトプット大全』体験談キャンペーン■私は自己成長したぞ!■『アウトプット大全』体験談キャンペーン■私は自己成長したぞ!■   今日は『アウトプット大全』について、読み実践したこと...
「いい緊張は能力を2倍にする」から学ぶ「緊張」には「変顔」と「バナナ」活用しよう!!「いい緊張は能力を2倍にする」から学ぶ「緊張」には「変顔」と「バナナ」活用しよう!! 今日の作品は いい緊張は能力を2...
脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術ー自己パフォーマンスを最大化脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術ー自己パフォーマンスを最大化   今日は 神・時間術...

スポンサーリンク



今日はこの辺で!

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

スヤ
スヤ
以上、スヤ(@vtyljbdn)でした!

 

応援してくださる方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

 

にほんブログ村 本ブログへ

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク